示談後の後遺症

交通事故や医療過誤など、様々な原因において「後遺症」というものが発生することがあります。
この後遺症というのは、被害を受けた直後に発生するとは限りません。
例えば事故などで頭に怪我をしたような場合、後になって後遺障害が発生することは少なからずあります。
被害を受けた直後に発生する後遺症であれば、示談において議論の対象とすることができ、損害賠償にその内容を含める事ができるためにそれ程大きな問題とはなりません。

しかし、問題は示談が成立した後に後遺症が発生した場合です。
このような場合、すでに示談が成立していることから、この後遺症については訴えを起こすのを躊躇したり、諦めてしまう人も少なくありません。
では、実際に示談が成立した後に発生した後遺症というのは、泣き寝入りをするしかないのでしょうか?これについては、まず示談書がどのように作成されているのかによって違っています。

示談書の中には「示談書の内容を除く請求は破棄し、お互いに債権と債務が存在しないことを確認する」と示されている場合があります。
これはつまり、示談書に書かれている損害とは別に発生した損害についても、この示談書を持って示談に含む、という内容です。
この場合、文言通りに受け取るのでは示談後に発覚した後遺症に対する賠償を請求することが出来ません。

ただ、示談書の中には「示談成立後に発覚した後遺症に関しては再度協議する」と記されている場合もあります。
原告側は、この記述を取り付けるようにしておくと不安が少なくなります。



★SPECIAL LINK
交通事故による後遺症の障害認定を手助けしているサイトです ... 後遺症 交通事故

Copyright © 2014 示談成立後の後遺症 All Rights Reserved.